左上の奥歯のインプラント(67歳)|八王子市の歯医者|めじろ台・狭間・山田すぐ|わたなべ歯科医院

新型コロナウイルスへの感染対策について

シニア歯科治療

入れ歯治療はこちら

歯周病治療はこちら

無料相談

入れ歯・歯周病に関する無料メール相談受付中

042-662-8639

東京都八王子市めじろ台1-8-25狭間・山田からも来院多数

左上の奥歯のインプラント(67歳)

左上の奥歯のインプラント治療の解説

治療前

治療後

年齢・性別 67歳 男性
治療箇所 左上奥歯 5・6番(2本)
治療期間(回数) 10回
治療費 60万円
リスク等 ・日々のケアやメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎になるリスクが高まります。
・過度な力が加わると上部構造が破損する場合があります。

経緯

平成30年に初診でいらしたと時、左上の4~7番に掛けてのブリッジ治療が施されている歯のうち左上7番が歯周病重度で噛めないため、このブリッジを切断し左上7番を抜歯しました。

その後、暫く部分入れ歯を使っていただきましたが、骨が回復してきた10カ月後頃にインプラントのお話しをさせていただいたところ、ご希望があったためインプラント治療を施行することとなりました。

治療内容

左上7番は歯周病を長く放置したことで骨欠損が著しかったため、この部分を避け、左上5番と6番部分に2本のインプラントを埋入しました。

骨の厚み、上顎洞までの距離も十分にあり、インプラント治療に非常に適した状態でしたので、大臼歯の咬合力に耐えられる直径の土台を十分な深度に埋入することが出来ました。

令和元年現在も良好にお使いいただいています。

トップへ戻る