つめ物・被せ物|八王子市の歯医者|めじろ台・狭間・山田すぐ|わたなべ歯科医院

シニア歯科治療

入れ歯治療はこちら

歯周病治療はこちら

お問い合わせ・ご相談

入れ歯・歯周病に関する無料相談受付中

0426-62-8639

東京都八王子市めじろ台1-8-25狭間・山田からも来院多数

つめ物・被せ物

【わたなべ歯科医院式】審美性・身体への親和性と安価な審美歯科

精密審美歯科

こうした歯の外観を改善する治療を審美歯科では行います。当院の審美歯科は、審美性(見た目)の改善にとどまらず、機能性(咬み合わせ)や親和性(口内への馴染み具合)にも気を配った精密な治療を行います。歯というものは、見た目だけではなく物を噛むという重要な役割を有しているからです。お求めやすい価格での治療をご提供致しますので、お気軽にご相談ください。

できるだけ削らない
「レジン充填法」について

レジン充填

当院で用いるレジンとはセラミックとプラスチックを掛け合わせた素材であり、ご来院時に奥歯へ直接白い詰め物を盛ることで治療を行う方法をレジン充填法といいます。歯科技工によって処置を行う詰め物は外れないように歯をしっかり削っておく必要がありますが、レジン充填法の場合は虫歯の部分だけを取り除いて詰めれば足りるので、比較的歯を削る量が少なく抑えられます。

歯の形を精密に調整
「拡大鏡精密形成」について

拡大鏡

詰め物や被せ物をズレたり外れたりすることのないように着けるためには、支台となる歯の形を精密に整える必要があります。そこで当院では歯科拡大鏡を用いて視野を肉眼の数倍にまで拡大することにより、支台歯の形成を精密に行っています。歯と詰め物や被せ物の繋ぎ目がピタリと適合することで雑菌が入り込まず、歯周病や二次虫歯に罹患する確率も大幅に減少させることができ、補綴物も長持ちします。

審美歯科(白いつめ物・被せ物)治療例のご紹介

治療前

治療前

治療後

治療後

年齢・性別 65歳・女性
感想

最初は差し歯の1本に虫歯が出来、治療という事で始めたのですが、前々から差し歯の歯が気に入らず、きれいな歯並びにしたいと鏡を見る度に思っていました。でも、もうこの年まで来てしまったのだから(特にグラついてもいないし)まあいいか~と半分あきらめていました。

そんな時、先生(女)から4本全部やり直せば思い通りきれいになりますヨと言われ、思いきって治そうと決心しました、なかなかチャンス(キッカケ)がないと思い切れません。

1本の虫歯のおかげで、こんなにきれいな歯並びになり、とても満足しています。これで思いっきり笑えます。本当にありがとうございました。

その他のつめ物・被せ物治療例はこちら

審美歯科治療における「美」の基準について

審美性を向上させるといっても、どういった観点から美しさを求めるのかという問題があります。当院では美の基準を以下のような9項目に明確化し、美しさをわかりやすく表しました。

歯の形状

歯の形状

周囲の歯に馴染むような形で、かつ患者様の外見的な印象にマッチするよう作ります。

中心ライン

正中の合致

顔の真ん中が上下の前歯の中心ラインに沿うようにバランス調整をします。

スマイルライン

スマイルライン

微笑んだ際には前歯が覗きますが、そのときのカーブを綺麗に見えるよう意識します。

天然歯の外観

歯の特徴

自然に形作ることで天然歯と見紛うばかりの精巧さを実現します。

性別

性別

性別によって歯の形は異なるので、男女それぞれの歯に合わせて製作します。

肌の色

肌の色

歯と肌の色合いが自然に馴染むように考えます。

年齢

年齢

患者様のご年齢から不自然にならないような歯の色合いや形に致します。

素材

素材

アレルギーの有無や咬み合わせといった点からベストな素材をご提案します。

バランス

バランス

歯並び全体を見た時にバランスの取れた歯の調和を重視します。

経験豊富な歯科技工士との提携

熟練歯科技工士

詰め物や被せ物については、その全てが歯科技工士の手になります。そのため患者様にピッタリと合ったベストな補綴物をご提供するには、優れた腕と経験を持ち合わせている歯科技工士との連携が不可欠となります。当院では患者様にご満足いただけるような最適な審美歯科サービスをご提供するため、知識や技術、経験を十分に備えた熟練の歯科技工士と提携しています。

最適な素材をご提案するために

体質や噛み合わせも考慮当院では補綴素材のご提案は保険診療内であると自費診療であるとを問わず、患者様の満足度という点から、それぞれの方へもっとも適していると判断されるものについて行っております。

たとえば金属アレルギーの有無やどういった咬み合わせとなるかという事情は患者様によっても様々に異なるので、相応しい素材はそれぞれに違ってくるのです。

ご予算にも応じます

患者様に相応しい素材は、体質もそうですがご予算との関係でも変わってきます。歯科治療における患者様の納得というのは、費用抜きには語れないからです。

そのため事前にご予算を伺っておき、その範囲内で素材のご提案を差し上げます。保険診療内の審美歯科をご希望であれば、その中でもっとも適した素材をご提案します。

歯の機能性を向上させるための6つの取組みについて

機能性の向上口と歯の機能というのは、食物の咀嚼を通じて身体に必要な栄養分を取り入れやすくするという、生存に不可欠ともいえるものです。また歯の咬み合わせによっては、頭痛や肩凝り、顎の痛み、腰痛といった不具合が身体に生じることが判明しています。

このような重要性から、審美治療ではただ見た目だけを整えるのではなく、口や歯の機能を損なうことのないように注意を重ねなければなりません。そこで当院では補綴物の製作工程において以下の6つの取組みを実施しております。

拡大鏡による精密な初期治療

初期治療

補綴物を装着する前に、拡大鏡を用いて虫歯や歯周病を治療しておきます。

咬み合わせの綿密な調整

咬合調整

咬み合わせが1mmでもズレることのないように調整を丹念に行います。

シリコンを用いた精巧な型取り

型取りでのシリコン使用

補綴物をきちんと製作するための型取りにはシリコンを用います。

形成(ワックスアップ)

ワックスアップ

予めシミュレーションでイメージを作っておくことで、より高精度な補綴物を作ります。

こだわりの仮歯

仮歯の精度

仮歯といえども手を抜かず、天然歯に近づけて作製します。

歯肉圧排による装着

歯肉圧排

適合性を高めるため、歯肉を押し下げた状態で補綴物の装着をします。

八王子市の歯科医院で歯の詰め物や被せ物をお求めの方へ

質の高い審美歯科

当院ではただ見た目だけを重視するのではなく、歯並び全体のバランスや咬み合わせ、口との親和性を考慮した上での長期にわたってマッチする審美歯科治療をご提供できるよう努めております。新しく詰め物や被せ物を作りたいという方も、歯の形や色が気になるという方も、随時ご相談に対応致します。ぜひわたなべ歯科医院までお越しください。

トップへ戻る